HOME > 学校生活情報 > 学則   
出席及び一時帰国 (運営細則第12条による)

出席評価及び制裁

① 遅刻 : 遅刻2回は1時間欠席とする
② 出席率 : 出席率80%以下の場合、当該学期の韓国語課程の履修及び次の学期のビザ機関延長が不可。
[出席率 = (学生の出席時間 / 合計授業時間)*100]
③ 事前連絡なしで3日以上無断欠席の場合、警告1回を当て、警告2回以上の場合は学校規定に従って懲戒処分する。

学期中の一時帰国及び休み期間中の帰国

① 学期中の一時帰国 : 原則として認めない。但し、ある特別な事情で帰国しなければならない場合は、事務室に来て許可をもらい、決まった手続きを済ませてから帰国可能。
② 休み期間中の帰国 : 修了式後より次の学期の始業日前日までは休み中の一時帰国が可能。

特別欠席対象の出席認定処理 : 以下のような理由で欠席する場合は出席として認める

① 直系家族の死亡 - 最長5日まで認める
② 病気 - 最長5日まで認める
③ 大学入学関連及び政府機関の行事に参加 - 最長3日まで認める
* 各理由を証明する書類を担任の先生に提出したら、出席認定処理になり、それ以外の事情は事務室に相談してから特別欠席可否が決定される。

試験及び成績評価 (運営細則第13条~第15条による)

試験 (運営細則第13条)

① 学期ごとに中間テスト(5週目)と期末テスト(10週目)を実施  (但し、学校の事情によって試験日程が変わる場合がある)
② 級によって中間テストと期末テスト以外の小テストが行われる事もある。
③ 試験開始後に試験場入室は不可。
④ 試験を受けなかった場合、0点処理する。
⑤ 追加試験は原則として許可しない。
   (但し、病気等の特別な事情で試験を受けられなかった場合は会議を通して追加試験可否を決定。)

成績 (運営細則第14条)

① 各科目の成績評価は絶対評価である。(100点満点)
② 各科目の成績評価は試験点数以外に平常点を含めて評価する事もある
   (平常点は出席率、宿題及びその他の級別評価項目などを指す。)

進級と留級 (運営細則第15条)

① 中間テストと期末テストを合算した全科目の平均が70点以上であると同時に、出席率が80%以上の場合に進級することができる
② 中間テストと期末テストを合算した全科目の平均が70点以下であると同時に出席率が80%以上の場合に留級となる(次の学期に再受講可能。)
※ 全科目の平均が70点以上であっても、出席率が80%未満の場合は出席不足と判断し、次の学期の登録不可。

奨学金 (運営細則第16条による)

成績優秀者対象の奨学金

① 韓国語教育課程の授業で成績が優秀で他の学生の模範となる者 (成績に基づいて金額は差等支給。)
② 奨学金対象者は次の学期を登録した者に限る。

休学、退学、除籍 (運営細則第10条による)

休学

原則として休学は許可しない。(但し、院長が認めた特別理由のある者は例外を認める。)
例外休学対象者は必ず3ヶ月以内に復学しなければならない。(3ヶ月以内に復学しない場合は除籍処分)

退学

終業日前にある事情で韓国語教育課程を途中に辞めなければならない学生は必ず事務室に来て退学届を作成及び提出しなければならない。

除籍処分 : 以下の場合、除籍処分する

① 同じ級で3学期連続留級の場合
② 1学期の欠席律が当該学期の全体授業時間の20%を越えた場合
   (即ち, 1学期の出席率が80%未満の場合)
③ 健康問題によって留学を続けられないと判断された場合
④ 留学生活中に友人同士の金銭問題や知人名義での携帯購入、又は口座開設等で他の学生及び学校に被害を与えた場合
⑤ 在学中に2回以上警告を受けた場合

警告処分 (運営細則第17条) : 以下の場合、警告処分する

① 事前連絡なしで3日連続に無断欠席をした場合
② 一時帰国の許可を得ずに学期中に無断出国した場合
③ 不正方法で試験を受ける場合や虚偽行為をした場合
④ 授業を邪魔する行為や本校の名誉を毀損した場合

個人情報の処理方針
Facebook Instagram Google+ YouTube Naver Blog